集英社 シュウエイシャ 私がふたり(冒険の森へ 傑作小説大全17)

集英社 シュウエイシャ 私がふたり(冒険の森へ 傑作小説大全17)


ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第3回配本、第17巻「私がふたり」は、もう一人の私と敵または味方として対面する、不思議な物語15編を収録。●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏[編集室から]東野圭吾「分身」の雑誌掲載時のタイトルは「ドッペルゲンガー症候群」であった。ならばドッペルゲンガー小説をずらりと並べればいいのだろうが、それでは、読む側がつらいではないですか。さいわい天啓の如く、船戸与一委員の怪作中編が浮上した。いや、降りてきた。この作品は、「ドッペルゲンガー」ではないが、みごとに「私がふたり」なのである。ネタバレなんて言わないで欲しい。30年も前に書かれた作品なのだから。[収録作]【長編】東野圭吾「分身」【短編】船戸与一「メビウスの時の刻」山田風太郎「万人坑」三島由紀夫「花火」阿刀田高「甲虫の遁走曲」小池真理子「足」夢枕獏「山奥の奇妙なやつ」乙一「カザリとヨーコ」【掌編】稲垣足穂「自分によく似た人」星新一「常識」筒井康隆「環状線」都筑道夫「空港ロビー」赤川次郎「不良品、交換します!」原田宗典「デジャヴの村」高橋克彦「電話」

本・雑誌・コミック > 雑誌

集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください