集英社 シュウエイシャ 漂泊と流浪(冒険の森へ 傑作小説大全1)

集英社 シュウエイシャ 漂泊と流浪(冒険の森へ 傑作小説大全1)


ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第10回配本の第1巻「漂白と流浪」は、この選集を象徴するような幅広い「冒険物語」の数々を、文豪の傑作から古典的な空想科学小説に至るまで、全16編収録! ●編集委員/逢坂剛、大沢在昌、北方謙三、船戸与一、夢枕獏[編集室から]劈頭の巻である。ここに収録する長編2編でこの叢書に収録される作品の幅を提示することになる。編集委員は悩んだ。結局、大衆小説の枢・江戸川乱歩の本作が選ばれた。財宝。復讐。大海原。「冒険」物語のあらゆる要素が入っている。その対極は井上靖である。砂漠。騎馬の民。宝石の首飾り。さらに短掌編では文豪と言われる作家の作品と「空想科学小説」の作品をかみ合わせた。奇をてらったわけではない。必然、だったような気がする。[収録作]【長編】江戸川乱歩「白髪鬼」井上靖「敦煌」【短編】吉川英治「鬼」司馬遼太郎「奇妙な剣客」火野葦平「手」井伏鱒二「ジョン万次郎漂流記」野上弥生子「海神丸」押川春浪「月世界競争探検」香山滋「緑の蜘蛛」海野十三「軍用鮫」橘外男「マトモッソ渓谷」小栗虫太郎「火礁海」【掌編】夢野久作「瓶詰の地獄」小川未明「眠い町」森鴎外「寒山拾得」中島敦「山月記」

本・雑誌・コミック > 雑誌

集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください