集英社 シュウエイシャ 波浪の咆哮(冒険の森へ 傑作小説大全15)

集英社 シュウエイシャ 波浪の咆哮(冒険の森へ 傑作小説大全15)


ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第11回配本となる第15巻「波浪の咆哮」は、「冒険物語」の原点ともいえる、「海」を舞台とした傑作小説をSFから恐竜ものまで、バラエティ豊かな全14編収録! ●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏[編集室から]海の巻である。そもそも「冒険」物語は大航海時代のイギリスに始まった。「冒険」イコール「大海」だった時代があったのである。鎖国と呼ばれた時代があったせいか、日本にはこの種の小説の伝統がない。なければ詭弁を弄しても作ってしまおう。編集委員諸氏もそう言っておられる。海が舞台の椎名SF長編と景山恐竜長編を核にすえた。やはり、「冒険」に「海」がないと、画龍に点睛を欠くのである。[収録作]【長編】椎名誠「水域」景山民夫「遠い海から来たCOO(クー)」【短編】小川未明「赤いろうそくと人魚」蘭郁次郎「地図にない島」笹沢左保「赦免花は散った」北杜夫「遙かな国 遠い国」田中光二「二人だけの珊瑚礁」中島らも「セルフィネの血」熊谷達也「潜りさま」【掌編】川端康成「竜宮の乙姫」夏目漱石「第七夜」三島由紀夫「伝説」生島治郎「暗い海暗い声」原田宗典「岬にいた少女」

本・雑誌・コミック > 雑誌

集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください