集英社 シュウエイシャ 法の代行者(冒険の森へ 傑作小説大全12)

集英社 シュウエイシャ 法の代行者(冒険の森へ 傑作小説大全12)


ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。 第6回配本、第12巻「法の代行者」は、人気作家、逢坂剛・大沢在昌の代表作、2長編を中心とした、警察小説の傑作、全9編を収録! ●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏[編集室から]この巻は警察小説が中心である。とはいえ、なにも法律を代行するのが警察官だけでいいはずもない。裁判官、検事、岡っ引き、弁護士、死刑執行人、といろいろな職種の主人公を並べるつもりであったが、力およばず、やはり警察官が多くなってしまった。警官ものに傑作が多いのだから、これは仕方がないのである。21世紀の作家だと思っていた横山作品に20世紀のものがあったのは、僥倖というしかない。[収録作]【長編】逢坂剛「百舌の叫ぶ夜」大沢在昌「毒猿 新宿鮫II」【短編】宮部みゆき「八月の雪」横山秀夫「黒い線」【掌編】谷川俊太郎「探偵電子計算機」結城昌治「おまわりなんか知るもんかい」阿刀田高「時間外労働」景山民夫「ご町内諜報戦」嵐山光三郎「上様」

本・雑誌・コミック > 雑誌

集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください