集英社 シュウエイシャ 危険な旅路(冒険の森へ 傑作小説大全10)

集英社 シュウエイシャ 危険な旅路(冒険の森へ 傑作小説大全10)


ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第13回配本となる第10巻「危険な旅路」は、船戸与一、矢作俊彦の傑作長編を軸に、冒険の原型とも言える「旅」する主人公を描いたロード・ノヴェルの代表作、全14編を厳選! ●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏[編集室から]「道中もの」というテーマがある。日本の小説では「東海道中膝栗毛」あたりが最初だろうか。要するに、主人公が移動しながら冒険を続けていく、というものである。膨大な数のこの種の傑作があるわけで、全部読んでこの14編を選びました、という嘘は言いません。ところで、泰斗・都筑道夫が「ほんとうにハードボイルド小説を書ける作家は石川淳ひとり」と書いているのをご存知か。これは、逢坂剛委員の鋭い指摘である。[収録作]【長編】船戸与一「夜のオデッセイア」矢作俊彦「リンゴォ・キッドの休日」【短編】石川淳「金鶏」森詠「わが祈りを聞け」片岡義男「ミス・リグビーの幸福」谷克二「サバンナ」逢坂剛「幻影ブルネーテに消ゆ」【掌編・ショートショート】川端康成「顔」坪田譲治「森の中の塔」河野典生「かわいい娘」眉村卓「帰途」半村良「酒」阿刀田高「笑顔でギャンブルを」星新一「もたらされた文明」

本・雑誌・コミック > 雑誌

集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください